2016年04月03日

G2 大阪杯

◎自信度
《単 勝》★★☆☆☆
《連 軸》★★★☆☆
《複 勝》★★★★☆

◎ショウナンパンドラ
満月ヌーヴォレコルト
▲アンビシャス
△ラブリーデイ
×キタサンブラック
×タッチングスピーチ
×イスラボニータ

当初、◎ヌーヴォレコルトも対ショウナンパンドラで3歳時は総合力で上回っていたが、昨年の宝塚記念、オールカマーあたりで成長力より力関係が逆転していると推定。特にオールカマーはSペースで直線の短い中山、4角5番手のヌーヴォレコルトの勝ちレースを直線、強烈なインパクトの末脚でひっくり返して0.2秒突き抜けた◎ショウナンパンドラ。

ヌーヴォレコルトとの2kg差は日経賞でゴールドアクターが真の実力差は斤量では補えないことを立証したばかりでパンドラ>ヌーヴォと決め打ち。


さらに1番人気ラブリーデイとの比較においても、昨秋の天皇賞・秋で快速馬エイシンヒカリが控えたことでクラレントのSペースの逃げが味方して4番手から抜け出したラブリーデイに対し、直線に向いた時点で4角12番手の絶望的な位置、さらに前が壁になり1、2頭分外に持ち出すロスがありながらも最速上がりで0.1秒差4着まで押し上げたこと、JCではきっちりと差し切ったことより現役最強馬に上り詰めた可能性のある◎ショウナンパンドラが5番人気は妙味あり。

ここで頭から狙いうちたい。

posted by もざえもん at 11:52| 福岡 ☁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: