2016年06月26日

G1 宝塚記念

◎自信度
《単 勝》★★☆☆☆
《連 軸》★★★☆☆
《複 勝》★★★★☆

◎トーホウジャッカル
満月マリアライト
▲ステファノス
△ドゥラメンテ
×タッチングスピーチ
×サトノクラウン
×キタサンブラック
×サトノノブレス

三連馬券押さえ
☆アンビシャス
☆ラブリーデイ
☆シュヴァルグラン
☆ヤマカツエース


ごぶさたしてしまいましてスミマセン(汗)

ダービーが久しぶりに週始めからワクワクしてレースが待ちきれないくらい楽しみなG1だったのと翌週の安田記念が祭りの後的な部分と少頭数ってので、気持ちがキレてしまい、短期放牧へ出てました(笑)


で、上半期の総決算、なかなかの好メンバーが揃った宝塚記念。

◎は真面目に検討してトーホウジャッカル。


3歳時にG1 菊花賞で自信の◎ゴールドアクターを子供扱いして驚異的なレコードで制した時は『この馬の時代が始まるかも‥‥』と戦慄を覚えましたが、


翌年を見据えて有馬回避→
明け4歳の阪神大賞典目標も体調整わず回避→
天皇賞・春直行予定も体調整わず回避→
半年以上の休み明けで挑んだ宝塚記念、異例の超Sペースで先行して最大限に展開利をもらったラブリーデイからの見せ場を作り0.3秒差4着→
飛躍が期待された札幌記念で小回り、洋芝があわないのか不思議な敗戦→
天皇賞・秋目標もまたもや回避、まさかの秋全休→
今年の阪神大賞典、半年以上の休み明けでいかにも叩きの敗戦→
ようやく出走できた菊花賞と同じ京都長距離の天皇賞・春、インをまわった前に行ったキタサン、カレンが残る流れを4角で押し上げて一瞬、『やられた!』と思わせる0.3秒差5着


天皇賞・春後はとにかく順調にきて欲しいと祈りをこめて動向を見守っていましたが、調教を見ての通り、菊花賞以来、初めて順調にきて当時に近いデキだとか。

昨年の有馬記念で1、2着のゴールドアクター、サウンズオブアースを寄せつけなかった潜在能力を発揮できそうなので、もしも、現役古馬最強クラスだった場合、妙味があるのはまさに今回。

ドリームレースにふさわしい、ワクワクが止まらない狙いなので人気に惑わされず、有馬記念で直感と信念を貫いた7番人気でも◎にしたゴールドアクターの再現を期待してみる。



相手には1番人気ドゥラメンテは3月のドバイ以来とデムーロ不調が不安、2番人気キタサンブラックは荒れ馬場適性とさすがにマークがきつくなるだけでなく、インに閉じ込められるリスクより押さえ程度の評価にとどめ、キレないパワータイプのディープ産駒で有馬記念などをみる限り、力のいる馬場なら牡馬ともやりあえる○マリアライトや母系にクロフネやダートで活躍したゴールドティアラがいる▲ステファノスあたりで一攫千金!?

夏のサマージャンボクラスを夢みるなら、母系が欧州のトップ種牡馬だったサドラーズウェルズに父ディープの×タッチングスピーチか。多馬もキレる脚を使う良馬場よりも荒れ馬場歓迎で前が速くなり消耗戦になれば脚質的にスイープトウショウの再現があっても驚けない。


もしも、◎トーホウジャッカルからマリアライト、ステファノス、タッチングスピーチで三連馬券が決まったら、オッズから凄いことになりそうなので姿を消します、探さないでください(笑)

posted by もざえもん at 02:27| 福岡 ☀| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: